交流と活動の記録

タグ:谷村志穂さんに該当する記事一覧

「谷村志穂 自著を読む7」

2020/08/17

8月16日函館新聞に掲載されました。

「谷村志穂 自著を読む7」当日

2020/08/16

今年は場所を公民館に変更、

フェイスシールド、ビニールの仕切り等、

文学館の配慮で出来る対策は

すべてやって頂きました。

ありがとうございました。

「谷村志穂 自著を読む7」

2020/08/15

今年で7回目の開催になります。

関係者の協力のもと、

対策を施しての開催となりましたので、

例年とは勝手が違います。

前日のリハーサルでの様子です。

谷村志穂さんの書籍

2019/11/26

↑ ↑

2度読ませて頂きましたが

また読みたいと

思っていたところでした・・・

谷村志穂さん朗読会

2019/11/25

毎年8月に行われ

今年で6回目を迎えました。

写真は2016年、第3回目のものです。

【 ゴシケヴィッチの船 】

代表 松浦は

函館にある旧ロシア領事館の

再生を目指し、大学の先輩でもある

谷村志穂さんと接点を持つ

機会に恵まれました

谷村さんは

「海猫」「尋ね人」「黒髪」と

函館を舞台にした作品を執筆されていて

函館にいたロシア人の、歴史や

当時の日本人との美しい物語を

たくさん聞かせて頂きました

http://www.zaidan-hakodate.com/bungakukan/

谷村志穂さんトークイベント

2019/11/13

11月10日

函館蔦谷書店にて

谷村志穂さん

「 セバットソング 」

刊行記念

「 谷村志穂さんトーク&サイン会」が

行われました

トークイベントは

谷村志穂さんと

ゴシケヴィッチの船

代表の松浦勝人と

とても息の合ったトークの中

「 セバットソング」

この作品への背景や

作品にかける想いなどを

お話しくださり

とても身近に感じられ

30分という時間でしたが

「セバットソング」

の世界を楽しめた

素晴らしい、ひとときでした

トークイベント後は

著書を手に取り

サインや握手のため

並ぶが方が、大勢・・・

もちろん、私も。

初めてお会いできて

やはり、とても素敵な方でした。

沢山の方に

読んで頂きたいなと

思っております

http://extention.jp/profile/specialist/tanimura_shiho.html

谷村志穂さん

2019/11/12

11月9日

谷村志穂さん

「セバット・ソング」

「大沼ワルツ」(文庫本)出版を

お祝いする会が

大沼プリンスホテルにて

盛大に開かれました

物語の舞台になった

大沼学園三浦園長も参加し

取材時の話など

貴重な話も披露されました

北海道新聞 掲載

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/361195